痛みと症状の基礎知識(5)肩こりの秘密(2)

肩こりのみなさんは「肩甲骨はがし」という言葉を聞いたことがあると思います。 これは肩甲骨の裏側がこっているので、肩甲骨を持ち上げるようにして空気を通すようにすると肩こりが楽になる・・という施術です。 では、なんでそんなところ(肩甲骨の裏側)がこったりするのでしょうか?   それは、肩甲骨の上に手のひらを添えて腕を動かしてみると分かります。 肩甲骨というのは、肋骨の上を滑って動いています。 そして腕を真横から挙げた(あげた)時に、その動きの半分だけ動きます。   まあ、分かりにくいので、謎解きを先にやって行きましょう。 肩甲骨の形は肋骨の形と同じになっていないと、肋骨の上を滑ることができないのです。 ですから背中を丸くして(猫背状態)いると、肋骨もずれてでこぼこになってしまうのです。 […]

[...]

肩こりの秘密(1)痛みと症状の基礎知識

整体などに行って「肩こりがひどいですね。」と言われたことがありますか? 自分では自覚していないのに「こんなにカチカチになって!」とも言われたりします。 何で、「肩こりが自覚できないのでしょうか?」 今回は「肩こりの秘密」の一回目ですから、「自覚できない肩こりの秘密」から謎解きをして行きましょう。   実は、肩こりというのは「まばらな状態」だと感じるのです。 どういうこと? こんなにひどいと言われた肩こりは、均等に全体がこっている状態なのです。 すると、全体の(特に左右の)「差が無い」状態・・平均化(均等な硬さ)されている状態ですから、感じられなくなるのです。 […]

[...]